変わる強さと、

変わらない想いの物語

 

 

 

 

M3頒布用デモ音源公開中!


 

 

あらすじ

・主人公、【朽木 玲人】は
ある学園の中庭にいた。
自分は高校生だと思うが、
この学園に見覚えはない。
というか、“自分の名前以外に覚えがない”。
開幕から典型的な記憶喪失スタートを切っていた。
そしてもう一つ、
記憶と共になくなっているモノが
ある事に気がつく。
「あれ、影がない・・・」
自分の“影”がなかった。

そんな知らない状況の中、
怜人はこの学園の事に詳しい少女、
【安倍川 紀奈子】と出会う。
紀奈子の話しによると、

『この学園では影を奪われる。
影とは常に自分と一生を過ごしてきた
もう一人の自分であり、記憶そのもの。
影がないから、記憶も失われている。
影を取り戻し、記憶という自分を
取り戻す事がこの世界からの脱出法である』

と。

怜人は自身の記憶と現実世界への脱出の為、
紀奈子率いる学園反抗組織へ加入。
自分達の影を奪ったこの世界、
【学園】に抗う事を決意する。

  1. 提供
  2. 影のゼノグラシアR
  3. 本編
  4. 番外編
  5. キャラクター
  6. 世界観
  7. 楽曲
  8. ファンアート

作品提供

企画: プロジュエクトVWXYZ
タイトル: 影のゼノグラシア
コンテンツ: ボイスドラマ
ジャンル: 非日常学園ファンタジー
媒体: Web公開ボイスドラマ
作品種別: 長編ドラマ(全十三話)
期間: 2016/6―現在

プロデューサー: 海月亭ひろ
脚本・監督・演出: 海月亭ひろ

イラスト:
夕子
Mamo Suke
高桐
こーやふ
moyo
朔日
仏陀
光浦

音響引用:
DOVA-SYNDROME
音人

背景引用:
きまぐれアフター
誰そ亭
びたちー素材館

エフェクト引用:
ニコニコモンズ

声優:
海月亭ひろ (安堂ナツ、神父、etc)
緋沙夜   (小倉陽華)
葵蒼空   (御手洗団吾)
リナリア  (葛切桜)
伊露葉   (白井杏子、白井善罪)
雪城あゆむ (最中愛)
水野弥生  (磯部真希)
たねまき  (安倍川紀奈子)
黒雪灰那  (朽木怜人)
ryoka    (月野雫)
691     (千歳七五三)
沙瑠璃   (零時輪廻)
crisu    (アルティミシア)
kiku    (エミリオ)
きのこのえのき(アザーテ)
萩乃水城 (ニャルラトホテプ)
姫桜りりか (安堂ナツ少年)
須田一輝 (安堂信玄)
丸山徹 (朽木白人)
針山うに (朽木千代子)
佐久間流 (今川アキ少年)
九度山ハナレ(萩尾天美)

影のゼノグラシアRとは

本編、影のゼノグラシア公開から2年半。
ボイスドラマの作成にもこなれた企画者が
過去の低品質作品に嘆いて作り直した
「影のゼノグラシア」のリメイク版。

本編の大筋はそのままに、
シーンの追加、音質と演出の
向上を測り、声優も最新メンバーに
お願いしたリトライ作品。
2018秋M3にて頒布を予定。
このままリメイクしていくかは不明。

【提供詳細】
タイトル:影のゼノグラシアR
キャライラストレーター:夕子、Mamosuke
表紙イラストレーター:ちょびすけ
媒体:一般CD
特典内容:本編74分
出展:2018秋M3
価格:無償(版権買い取ってない為)
web公開予定:未定

公開中本編

【第12話 レイトエレジー】
“かつて、全ての人に手向けた挽歌”

▼後編
12B

 

 

 

▼前編
12A


【第11話 ナツラプソディ】
“はじまりは、救いを願ったはずの狂詩曲”

▼後編
11C

 

 

 

▼中編
11B

 

 

 

▼前編
11A


【第10話 サクラカノン】
“真実の先にあるものは、栄光か、虚無か。
無限を生きる人形の追走曲”

▼後編
10C

 

 

 

▼中編
10B

 

 

 

▼前編
10A


【第9話 ゼンザイアリア】
“世界一優しい嘘つきの詠嘆曲”

▼終編
9D

 

 

 

▼後編
9C

 

 

 

▼中編
9B

 

 

 

▼前編
9A


【第8話 ナツレクイエム】
“迷路を彷徨う愚者達に送られる鎮魂歌”

▼後編
8B

 

 

 

▼前編
8A


【第7話 ヨウカトロイメライ】
“不自由の中で手に入れた、自由な夢想曲”

▼後編
7B

 

 

 

▼前編
7A


【第6話 アイセレナーデ】
“輪廻は巡る。聖夜が零時を示す時。
これは、永遠を待ち続けた愛の小夜曲”

▼後編
6C

 

 

 

▼中編
6B

 

 

 

▼前編
6A


【第5話 マキディヴェルティメント】
“少女は引き金を絞る。自身の過去に向けて。
これは、強さと弱さの嬉遊曲”

▼後編
5B

 

 

 

▼前編
5A


【第4話 ダンゴコンツェルト】
“少年は一人だった。自分以外は全て敵だった。
これはそんな孤独の中で見つけた協奏曲”

▼後編
4B

 

 

 

▼前編
4A


【第3話 アンズファンタジア】
“二人の少女は道を分かつ。
少女達の果てにあるものは、服従か、断罪か。
これは、運命に惑う幻想曲”

▼終編
3D

 

 

 

 

▼後編
3C

 

 

 

 

▼中編
3B

 

 

 

 

▼前編
3A


【第2話 キナコファンファーレ】
“少女は過ぎの過去を嘆いた。
そして今度は、次の未来を紡いだ。
これは、後悔を断ち切る行進曲”

▼後編
2B

 

 

 

 

▼前編
2A

 


【第1話 レイトプレリュード】
紐解いたその物語は喜劇か、悲劇か。
そして今度は、次の未来を紡いだ。
これは、終わりのはじまりを告げる前奏曲"

▼後編
1B

 

 

 

 

▼前編
1A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドストーリー

【番外編⑥ レイトパッション】
“久々に登場した主人公の受難曲”

▼ショート
LP

 


【番外編⑤ キナコアンサンブル】
“乙女達が『女子力』を高める合奏”

▼後編

KA02

▼前編
KA01

 

 


【番外編④ ゼンザイロックンロール】
“それは、彼女たちがいつか焦がれた、
運命に打ち勝つ交合曲”

▼後編
ZR02

▼前編
ZR01

 


【番外編③ マキカプリツィオ】
“夢の世界へ誘う、不思議で素敵な奇想曲”

▼ショート
MWL


【番外編② アザーテシンフォニー】
“世界に訪れた、はじまりとおわりの交響曲”

▼最終話
AS05

 

 

 

▼第4話
AS4

 

 

 

▼第3話
AS3

 

 

 

▼第2話
AS2

 

 

 

▼第1話
AS1

 


【番外編① キナコファンファーレ】
“あと20分だけ眠りたい。
これは、そんな朝の即興曲”

▼後編
KF02

 

 

 

▼前編
KF01

 

 

 

 

 

 

本作品に登場する主なキャラクター

■数が多いので別ページ
ゼノグラシアキャラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※イラストクリックでページが開きます

この世界の設定

中庭

この世界の仕組みについて

①ある日、気がつくとこの世界で目を覚ます。
誰かに連れてこられたのか、或いは自分で
迷い込んでしまうのか、それは定かではない。
学園自体は極めて広大で、生徒らが学業に
励む新校舎を中心に、
C.C.が拠点にする旧校舎、生徒達全員が
生活を送る男女別学生寮、
厳格な教会なども設備されている。
学園裏には大自然を有する
裏山も存在している。

②日常的な"知識"は覚えているが、
学園で目を覚ました前後の記憶と、
自身の過去を一部覚えていない。
つまり、記憶を失う。
朽木 怜人のように、名前や
自分自身の記憶全てを失う者もいる。

③記憶と共に、影も失う。
誰かに奪われたのか、
自分が無くしてしまったのかは、
それも定かではない。

④"死"という概念が存在しない。
絶命する程の肉体的損傷を受けても、
数分で完治し、蘇る。
しかし、痛みは相応に伴う。

⑤この学園に訪れてしばらく"意志"を
持たない者は、"個性"を失う。
個性を失った者は、この学園の生徒として、
ただただ学業に励むだけの
"空っぽの生徒"(無個性)になってしまう。

⑥この学園・・・この世界では、
現実と同じように時間が流れるが、
年を重ねる事はない。
また、普通の学校のような
カリキュラムで1年は進むが、
進級と卒業式が行われる事はない。
つまり、一生終わらない学園生活を
送る事になる。


校長室 昼

C.C.について

安倍川 紀奈子を筆頭に
構成された学園反抗組織。
組織の目標は「学園からの脱出に

よる現実世界への帰還。
及び自身の影の奪還」。
安倍川 紀奈子は影を

"もう一人の自分"と定義し、
「影を取り戻す事=記憶を取り戻す事」
と考える。
主な活動内容は学園内の捜索・攻略。

そして、学園黒幕の正体を暴く事。
学園において"風紀委員長"の席を有しており、

唯一影を持つ"白井 善罪"も、
"世界の核心を知る者"と判断し、
撃破対象に定めている。 


生徒会室

生徒会について

学園の実権を有する生徒達の最高委員会。
学園の規律と秩序を管理している。
その正体は明らかにされておらず、
所属者、構成数、実行など詳細は全て不明。
安倍川 紀奈子率いるC.C.の最終攻略対象。
傘下には"風紀委員会"、
その上位機関にあたる"生徒会執行部"と、
あとなぜか生徒達の学生寮を管轄する
"毎日元気におはよう委員会"が配下についている。


廊下昼

風紀委員会について

白井 善罪が風紀委員長を務める
学園の風紀管理機関。学園内の秩序を保つ為に
生徒会の実行部隊として現場活動が主。
C.C.とは職務上何度も
トラブルになっているが、
C.C.の攻略作戦を許した事はない。
上位機関に生徒会直属の
"生徒会執行部"が存在するものの、
風紀委員会の活躍でほぼ表に出る事はない。


教会

教会について

学園の外れに佇む忘れられた教会。
神秘的なステンドグラスや大掛かりな
パイプオルガンが備えられているが、
今や整備も行き届いておらず、
参拝する者もいない。
一部の生徒のあいだでは
怪談のネタにされており、
深夜にはピアノの旋律と怨嗟の声が
響くと伝えられているが……


寮長室

毎日元気におはよう委員会について

通称"まいおは"。
学生寮の運用、食堂の運営など、
生徒たちの私生活を サポートする生活支援機関。
3年女子寮長・月野 雫が運用しているが、
常に人手が 足りず、
学園内ではもっとも多忙な組織。
生徒会の直下に属している。


エンゲイジリンクス

エンゲイジリンクスについて

この世界で大切にされている恋愛童話。
現実世界での認知は不明。
ある雪国の領主と村娘が恋に落ちるが、
戦争をきっかけに二人の愛は
離れ離れとなってしまう。
"時を司る大宝具"と呼ばれる
"零時輪廻"が起こす奇跡によって、
二人は永遠の時間を得る。
しかし、"永遠"の物語は、
血塗られた惨劇の真実に消えてしまう。


山道

学園・裏山について

標高1200メートルの山岳地帯に
ほぼ整地されていない樹海と
長い河川が広がる自然の要塞。
長い年月を掛けてC.C.が開拓を
行った対学園決戦拠点。
山道には磯部 真希の兵器と
白井 杏子のトラップが設置されており
、侵入者の一切を許さない。
一般生徒からはデスマウンテンと呼ばれている。


時計塔

学園の外れの時計塔

今はもう動かない時計塔……のはずだが、
ある事をきっかけにして少しずつ長針が時を刻む。 


 

サウンドコンテンツ

【カバー曲】

■ハレ晴れユカイ
シンガー:怜人、紀奈子、善罪
(黒雪灰那、たねまき、伊露葉)

ハレ晴れユカイ

 

 

 

 

 

 

※準備中

PAGE TOP